生きることはたいへん 生きることはうれしい 希望を探して

     パーソナリティ しまひでひろ ささきゆみ

●第二回放送 2019年1月22日(火)15時〜16時

● テーマ <原発労働のいま>
● ゲスト あらかぶさん(福島原発被ばく労災損害賠償訴訟 原告)

● 配信スタジオ=ビデオプレス

↓ 以下からお聞きください。放送後はアーカイブが残ります。

 第2回放送は<原発労働のいま>をお送りします。ゲストは福島原発で収束作業に従事し白血病に罹患したあらかぶさん(仮名、44歳、鍛冶職人、北九州市在住)。現在、東電らを相手に損害賠償を求めて裁判中です。
 福島の収束・廃炉作業には事故後、6万5千人の労働者が作業に従事してきましたが、その被ばくの実態は隠されたままでした。「福島のために働きたい」と2011年秋に、収束作業にやってきたあらかぶさん。しかし、現場の被ばく管理はずさんで、本来鉛ベストの着用が義務づけられている場所でも現場監督の「着なくてもいいから入れ」の一声で作業に従事させられたといいます。そして、2014年1月に「急性骨髄性白血病」と診断されました。「人生が終わった。子どもが小さいのになぜ死ななくちゃいけないんだと思い涙があふれた」と当時を振り返るあらかぶさん。しかし、あらかぶさんは裁判で東電らの責任をとらせるたたかいに、病魔を抱えながら立ち上がりました。
 東京地裁の大法廷ですすむ裁判はいま半ばで、因果関係を認めない東電らと真っ向からぶつかっています。裁判のたびに北九州からあらかぶさんは上京しています。今回の「あるくラジオ」では、あらかぶさんが自ら体験した「福島原発の被ばく労働の実態」をあますところなく語っていただきます。ゲストはほかに、あらかぶさんのお連れ合い、「被ばく労働を考えるネットワーク」のなすびさんが出演します。

 *写真=福島原発4号機で「燃料取り出し用カバー」の仕事をするあらかぶさん。鉛ベストを着ていない。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●第一回放送 10月20日(土)14時〜15時

● テーマ <動き出した若者たち>
● ゲスト 依草太(20代・会社員・映像制作者)
 いまを生きる若者たち。なぜ沖縄や韓国、東アジアに興味を持つようになったのか? 

 無関心と言われてきた若者世代に、いま微妙な変化がはじまっている。たっぷりお話を伺います。

↓以下アーカイブでお聴きください。YouTubeサイトは→ https://youtu.be/G5lJx5GqO0U

 リスナーの声はこちらから。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 何か息苦しく、生き難い今の日本。インチキな政治や経済がまかりとおっている。戦争の足音もする。出口のない漠然とした不安に多くの人がさいなまれている。「あるくラジオ」はまず、この時代がどんな時代なのか、さまざまな人々とあるきながら考える。そこから希望のたねが生まれたらどんなにいいだろう。

 インターネットを使ったラジオ「あるくラジオ」が2018年10月にスタートします。しまひでひろ(編集者)・ささきゆみ(ビデオプレス)をパーソナリティに、不定期放送。次回は2019年はじめの予定です。ご感想・ご意見などお寄せください。→こちらから